--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08.04
Mon
わたくしふきんを追い求めて早10年です。
と言ってもふきんも何年か長く使えるのでたいして色々使ってはいないです。
でもふきんに対しては思うところがいくつかあって書き記してみました。


無印良品の落ちわたふきん
10枚300円くらいだっけ?とにかく安くてたくさん入っていていいが
お前は吸水する気があるのか?
あとゴワゴワなのでガラス面に細かい傷がつきそうであんまりだ。

小田急デパートのなんか高いやつ、
引っ掛けるようループがついてたり
パイピングが赤いチェックでキルティングされて丈夫だし刺繍も入ってとても可愛い。表ワッフル生地裏ガーゼで
独身時代から使っていてもまだまたま綺麗。
吸水性はさほどでもない、まぁまぁ。
そしてタグについてたメーカー名を検索しても物が出てこない。買えないのでは意味がない。


ドイツのふきんブリッツ
柄が豊富でたいがいのオサレキッチン雑貨屋には置いてある。
吸水性は抜群。しかし1度濡らしてから使わないと吸水しないという謎システムの為
ちょっとスプーン1本だけ拭きたいなという時に濡らす絞る拭くの3アクションしなくてはいけない、効率が悪い。
なのであらかじめ濡らして使用する事が前提の台ふきんとしては大変優秀。
値段もネットだと1枚300円程度でメール便無料等価格競争されている。

私、しばらくブリッツを使っていましたが
このたび台ふきんとして生きていってもらうことにしました。



今回これは!!と思ったのが
パシーマのふきん。

信頼安心の日本製。
シンプルなたたずまいに古き良き日本を感じる。表ガーゼ、中綿に医療用脱脂綿。
敷パッドのような厚み。
お値段300円ちょっと。



すごくふかふかしていて、吸水性も良い。
フェイスタオル半分に畳んだくらいの大きさ、なので包み込むようにふけて
コップがピカ~っと輝く、毛羽立ちなし。
1~2年使ってみてどうなるかがわからないので引き続き観察していきたいと思う。
松並木のガーゼタオルと似てる使用感です。あっちはちょっとお高いのでこちらのが買いやすい。


ちなみにパシーマのハンカチもついでに注文したけど
新生児期に良くつかうガーゼこれにしたらよかったわぁ…という感じです。
出産準備で大量に入った薄いガーゼを買うと思うのですが、あれすぐ乾いていいけど結構ごわつくし我が子は乳児湿疹がひどくて痛そうだなぁと軽くトントンと拭く位でした。
湿疹の為、沐浴の時もガーゼ使わないであげてくださいと言われていたのでほんとにあまり使いませんでした。
赤ちゃんらしい時期過ぎるともっと吸水してくれるものが必要になるのですよ。というかあのガーゼである必要があまりないと思うんですけどどうですか?
吐き戻しの多いお子さんだと必要なのかな。
我が屋はもうほとんど使ってなくて。
今治のハンドタオルなど使うも乾燥しにくいのが欠点です、使用感がベチャッとなる。丈夫で良いですが。
パシーマのならガーゼと脱脂綿なので新生時期からいけるし糊付けしてないので最初からふわふわ。洗うほどに柔らかくなっていくし
今現在大量の麦茶をぶー!と吹いている我が子ですが一気に拭けます。
麦茶の茶色がつきにくいんですよ、水で洗うとさーっと落ちるんですよ。
一枚170円なので3枚くらいあったら
たくさん使う時期には薄いガーゼと併用していいよなぁ~と思いました。
今後出産する人がいたらプレゼントに添えてあげたい。というかこれいいよねって誰かと語り合いたい。



ふきん難民パシーマ島に着岸中。
※白雪ふきんは流行りもの感があってみ、み、ミーハーじゃないもん!と天邪鬼心が働いてまた使ってないです。
人生損するタイプです。
というわけでパシーマいいですよ!!!おわり。
comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://momocook.blog7.fc2.com/tb.php/3777-8f51e417
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。