--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04.23
Sat
3日前くらいにかるく風邪をひいたら
3日後くらいで世帯主にうつっていた。3倍くらいひどくなって。


普段世帯主は実家近くの病院に行くのだけど少し距離があって熱も高かったので
近所にある私のいきつけの病院へ連れていく、つい先日自分が行ったばかりなのと名字が珍しい関係で覚えられていた。
看護師さん「あら、うつっちゃいましたかね~?」って受け付けで小話を。
嬉しいけど、佐藤とか鈴木とかの名前が時々羨ましい。

本当に小さい病院なので着いて数分で受診。NO待ち時間。

患者数が少ない事もあるし、先生の方針だと思うが、問診が丁寧。
先生はなぜそのように優しいのか。先生が穏やかなので看護師さんもみんな笑顔だ。
「ちょっと待っててね」とインフルエンザの検査もさくっと10分程でやってくれ、
薬も先生が準備して全部一緒にその場でお会計。
製薬会社の人も薬を届けにたまにやってきて和やかに立ち話。

自分の知ってる病院とのギャップに戸惑う。近所の皮膚科すげー怖いよ?規模が全然違うけど働いてた病院は半日がかりで待ち時間だよ?

処方してくれる薬もなんかしらんがめっちゃ効く。強めなのか、薬の半分に入ってる先生の優しさが凄いのか。


昔幼稚園から小学生まで通ってた近所の小さな婦人科の先生に良く似てる。
毎月風邪をひいて行くのに、毎月「何年生なったの?」って聞く。優しいおじいちゃん先生。
なんで風邪をひいて、小児科か内科でなく婦人科に連れていかれてるのかはいまだ謎。

何十年ぶりかに見つけた小さくて穏やかな空気の流れる病院、おじいちゃん先生には長生きしてもらいたい。
そういうわけで家庭内で風邪をうつしてしまって申し訳ございません。という今日の日記。

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://momocook.blog7.fc2.com/tb.php/3207-53512f5c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。